手入れ不要のウッドデッキ

ウッドデッキ

ウッドデッキは人工木で

ウッドデッキや木製のフェンスって、施工してから年数が経てば経つほど色が灰色になってしまい、色だけでなく施工後の木の風合いも損なわれてしまいます。そして、一見乾いているように見えるウッドデッキでも、木材の内部は水が浸透していて腐食が進んでいることもあります。天然木で作るウッドデッキは、木材の種類によって木目や色の雰囲気が違うので選ぶ楽しみがありますし、大きなホームセンターなら自作キットが販売されているので、自分で作ることもできます。通常木材に防腐剤加工してあるのですが、ビスによって木材に穴が開けば、そこから水が浸入し腐食の原因になってしまいます。天然木である以上、腐らないウッドデッキは存在しないと言えますし、どんなに定期的に防腐剤を塗っても十年持てば良い方でしょう。最近では、人工木を使った腐らないウッドデッキを選ぶ人が増え、天然木よりも少々値段が張りますが、手入れが不要という手軽さとランニングコストの良さから人気です。天然木の風合いは根強い人気ですが、一度ウッドデッキを腐らせた人なら、人工木を使った腐らないウッドデッキを選びたくなるでしょう。人工木とはいえ、天然木に樹脂を混ぜているため、パッと見ただけでは本物の木材に見えるものもたくさんあります。メーカーによって木目や色に違いがあり、値段も大きく差があるので、腐らないウッドデッキを作るなら、人工木を扱うメーカーからサンプルを取り寄せたり、モデルルームを見学してみると良いでしょう。